絶対に間違ってはいけないシャフト選び

シャフトの選び方

ゴルフのシャフト選びのポイント

昨今、たくさん発売されているゴルフシャフト

 

さらにヘッドとシャフト抜き差しを簡単できるドライバーも主流となっている。

 

どんなシャフトが自分に合ってるのだろう?

 

〇調子や長さ、フレックスなど専門用語もたくさんあります。

 

この記事ではゴルフシャフトの基準となるスペック紹介をしていきます。

 

キックポイント

 

ゴルフシャフトの、どの部分が一番しなるかを表記するスペック

 

先調子⇒ヘッドよりが最もしなります。

 

中調子⇒シャフトの中央部分が最もしなります。

 

元調子⇒グリップ側が最もしなります。

 

さらに細かく分類する超先調子、先中調子、中元調子、超元調子などに分類するケースもあります。

 

キックポイントが合わないと、タイミングが崩れボールが暴れます。

 

一般的には先調子は、ボールが上がりやすく、つかまりやすいに対して

 

元調子は手元側にしなりで自然にタメが作りやすいといわれてます。

 

フェード派は先調子 ドロー側は元調子を好む傾向もあります。

 

 

Sponsored Link

 

 

フレックス

 

シャフトの硬さを表すスペック

 

L⇒レディース

 

A⇒アベレージ

 

R⇒レギュラー

 

S⇒スティッフ

 

X⇒エクストラスティッフ

 

シャフトの硬さはRやSなどのアルファベットで表すケースがメジャーです。

 

Lが最も軟らかくXが最も硬いです。

 

スイングでシャフトを気持ちよくしならせることが爆発的な飛びと安定した方向性をもたらします。

 

なおアルファベットの表記の基準はメーカーにより異なりますのでご注意ください。

 

 

長さ

 

シャフトの長さを表す表記

 

飛距離を重視するなら長尺

 

プロゴルファーは飛距離より方向性重視のため短めのセッティングが多いみたいです。

 

シニアプロの場合は年齢による飛距離不足で長尺シャフト傾向にあります。

 

大事なチェックポイントは

 

長尺にすることにより重量などのバランスも考えないといけません。

 

長ければ良いというわけではありません。

 

 

重量

 

スイングリズムに一番重要なシャフト重量

 

軽いシャフトは30グラム台〜重いシャフトは100グラムを超えるシャフトも存在する。

 

ここで重要なのは18ホール気持ちよくスイングできる重量です。

 

心地よい重量であればスイングも気持ちよくなれ結果になります。

 

今は60グラム台が主流です。

 

スイングタイプでの傾向としては

 

リストワークを多めに使うタイプは重量は重めの長さは短め

 

ノーコックタイプは重量が軽めで長さは長めの傾向がある。

 

 

トルク

 

大型ヘッドとの相性抜群はトルクにある。

 

カーボンシャフトは硬度を調整するストレート層と

 

ネジレを調整するバイアス層があります。

 

このバイアス層で変わるのがトルクです。

 

ハイトルク⇒5,6度(ネジレが大きい)

 

ロートルク⇒2,3度(ネジレが少ない)

 

ロートルクの特徴は打感が敏感に感じられ

 

好調時には気持ちよい打感が手に残ります。

 

ハイトルクはミスショットの打感などを感じさせない嫌なメリットがあります。

 

重心距離が長大化している今は大型ヘッドとハイトルクの相性は良いと考えられる。

 

 

Sponsored Link

 

 

ゴルフクラブスペックとは

 

今話題の4スタンス理論ゴルフとは

 

最新ゴルフウェアランキング

 

 

ゴルフコラム