ランバックスタイプS・X振動数や評価を徹底解説

ランバックス

ランバックスタイプSの振動数・スペック詳細

ランバックスタイプS

 

 

ツアーAD MJシリーズ 

 

 

モデル

フレックス

重量(g)

トルク(度)

キックポイント

 

ランバックスタイプS45

 

R3

45.5

 

5.5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先中調子

 

 

 

 

 

 

 

 

R2

46.0

R

47.5

SR

49.0

 

ランバックスタイプS55

 

 

R2

53.0

 

4.1

 

 

R

54.5

SR

56.0

S

57.5

 

 

ランバックスタイプS65

 

R

61.0

 

3.6

 

 

SR

62.0

S

64.0

X

66.0

 

ランバックスタイプS75

S

74.5

 

3.0

X

76.5

 

ランバックスタイプS85

 

S

82.0

 

2.6

 

X

84.5

XX

86.5

 

キックポイント(振動数)先中調子

 

とにかくタイミングを取りやすいシャフトがランバックスタイプSです。

 

最大の特徴はクセがなく手元側がしっかりしているので

 

先を大きく動くのでタイミングが取りやすく、万人向けシャフトです。

 

フレックス(振動数)の展開も45.5gの軽量モデルからハードヒッター向けの86.5gあるので

 

さまざま用途にあわせてセッティングすることができます。

 

使用プロ 馬場ゆかり

 

ランバックスType-S振動数・スペック 詳細はこちら
 

Sponsored Link

ランバックスタイプXの振動数・スペック詳細

ランバックスタイプXシリーズ

 

 

ランバックスタイプX 

 

 

モデル

フレックス

重量(g)

トルク(度)

キックポイント

 

ランバックスタイプX45

 

R3

45.5

 

5.5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先中調子

 

 

 

 

 

 

 

 

R2

46.0

R

47.5

SR

49.0

 

ランバックスタイプX55

 

 

R2

52.5

 

4.1

 

 

R

54.5

SR

56.0

S

57.5

 

 

ランバックスタイプX65

 

R

61.5

 

3.3

 

 

SR

63.5

S

65.5

X

67.0

 

ランバックスタイプX75

S

75.5

 

2.9

X

77.5

 

ランバックスタイプX85

 

S

83.0

 

2.6

 

X

85.0

XX

87.0

 

キックポイント(振動数) 中調子

 

とにかく強いボールが打ちたいヒッター向けシャフトランバックスタイプXです。

 

シャフト先端を硬くすることで、インパクト時のヘッドの暴れを防ぎミスヒットに強いシャフトが実現

 

また大型ヘッドとの相性もよく安定感のあるインパクトが可能となっています。

 

ランバックスType-Xの振動数・スペック 詳細はこちら

 

Sponsored Link
ゴルフコラム

関連ページ

スピーダー
ハジキ系シャフトの代名詞的なシャフトメーカーがスピーダーシャフトです。特に日本女子プロでは多くのプロが使用しており大注目シャフトメーカーです。